トイレの後の残尿漏れ | ズボンの染みに電車内で気付きました…

トイレの後の残尿漏れ | ズボンの染みに電車内で気付きました

トイレの後の残尿漏れ | ズボンの染みに電車内で気付きました…

 S.Sさん(男性)、30代、自営業 

トイレの後の残尿感と尿漏れ

20代の後半ぐらいからでしょうか、トイレの後に残尿感が少しずつ出てきました。出してもなんだか気持ち悪くてその場に留まってしまう。そうしていると再び尿意が出てきて、また少しだけ用を足すといった感じだったのですが、それが年齢を増すごとに残尿の量も増えつつあります。

特に困るのは、「しっかりと出し切った」と思ってズボンをはいても、その後にチョロチョロッと残尿が漏れてしまうことです。特に、急いで用を足している時はそうなってしまうことが多く、本当に困りものです。

外出中に残尿漏れでズボンに染みが!

トイレの後の残尿漏れで最も困ったのは、まだ残尿感に対して甘く考えていた20代の頃のことです。駅構内で用を足していたのですが、もうすぐ電車がホームに入ってくる間際だったので、すぐにその場を後にしないといけなかったのです。「まだ出し切れていないなぁ」とは思いながらも、サッと済ませてトイレを出ました。電車には間に合ったのですが、下腹部になんだか違和感。そして、座席に座ったその瞬間、自分のズボンの股間周辺が濡れていることに気付いたのです。

最悪なことに、その時、履いていたのはベージュのチノパンで、染みで色が変わってかなり目立っていました。リュックを持っていたため、それを前に持つ形で慌てて電車を出て、駅のトイレに駆け込みました。

恥ずかしいやら情けないやらで、乾かすにもドライヤーも何もありません。必死にティッシュで拭き取っても完全には乾かなかったので、トイレ内で乾燥するのを待ちました。ショックのあまり、駅に近接している某ファッションブランドで、残尿漏れしても色が目立ちにくい黒のズボンまで買ってしまいました。

残尿漏れの原因と、自分なりの解決策

原因を考えてみたのですが、特に前の晩にお酒を飲み過ぎたとかそういった事はないのです。恐らくただ単純に加齢から来るものなのだろうと考えていますが、少しずつ症状が酷くなってきているような気はします。頻尿にもなってきているので、前立腺に何か異常が出てきてるのでしょうか。どの辺りで病院へ行くべきなのか自己判断が難しいのですが、今のところ日常生活にそこまで支障は出ていないので薬のお世話にもなっていません。ただ、将来的には服用せざるを得ないのかなと考えたりもします。

今のところ自分なりの改善策を試みていて、なんとかなっています。例えば、用を足した後に、睾丸と肛門の間にある部分を強く押していくと、残っていた尿を出し切ることができます。簡易的なことですが、けっこう効果的です。

あとは、本当に情けないのですが、パンツの中にティッシュを一枚忍ばせています。少し折って下着の中にあてがっています。私の場合、トイレの後の少量の残尿漏れなので、これで下着も濡らさずに済みます。

深刻に考え過ぎないようにしています

まだ30代なのでこれからどうなるかは心配です。でも、頻尿や残尿漏れについて不安を感じていると、不思議なもので余計に尿意は湧き上がってくるものです。なので、そういった心理的なストレスを抱えないよう、あまり神経質に考えないようにしています。現状では残尿の量も多くないので、「出てもまぁいいか」程度に考えるようにしています。

ただし、友人らと連れションをする際には注意が必要です。パンツの中に忍ばせていたティッシュがポトリと便器に落ちてしまって、それを見られでもしたら、「なにそれ?」と笑いものになってしまうでしょうから。

最終的には薬を使ってみるのもいいわけですし、残尿感を覚え始めた頃よりは馴れてきたのもあって、精神的には前向きです。加齢に伴って色々と弊害が生まれてくるものですが、何かに負い目を感じて生きるのではなく、様々な事態を受け止めて明るく笑って生きていきたいものです。