トイレに行けないストレスで頻尿に | 我慢すると尿漏れも…


トイレに行けないストレスで頻尿に | 我慢すると尿漏れも

トイレに行けないストレスで頻尿に | 我慢すると尿漏れも…

 E.Hさん(女性)、30代、専業主婦 

トイレに行けないと不安で頻尿に!間に合わずに尿漏れも…

私は昔、会社員だった頃、精神的な原因からくる頻尿にずっと悩まされていました。会社の仕事で車や公共交通機関で出張先に出かけることが多かったのですが、トイレにすぐに行けないような環境になると、つい「トイレに行けない」と不安に感じてしまいます。そうなると、緊張して、どんどん尿意を催してきてしまうのです。

出張先に車で移動中、渋滞になんて巻き込まれたら最悪の事態です。トイレにも行けずに我慢するしかありません。高速道路で渋滞に巻き込まれ、次のパーキングエリアまでトイレをずっと我慢することになってしまい、やっと車を降りた時に、力が緩んでしまったせいか、尿漏れをしてしまうなんてこともよくありました。

色々な場面でトイレを我慢する事態に

会社員だった時は、取引先との会議が頻繁にありました。重要な会議であれば、なかなかトイレのために会議中に席を立つことなんてできるわけがないですから、トイレに行きたくても我慢するしかありません。

会議の前にあらかじめトイレを済ませておくのですが、会議中は「トイレに行けない」と考えてしまうことから、緊張して尿意を催してきてしまうのです。取引先の会社によっては、事務所の外にトイレが併設されているようなところもあって、「ちょっとお手洗いをお借りしてもよろしいでしょうか」ということもなかなか切り出し辛い雰囲気がありました。そういった時はひたすら我慢するしかありません。

そんな状態でしたから、会議を終えた途端に冷や汗をかきながらトイレに駆け込むこともしょっちゅうでした。

尿意を催してしまう原因

私の場合、このように「トイレに行けない」という環境に置かれたときに限って、尿意を催してしまっていたことから、ストレスによる頻尿であることは明白でした。

仕事柄、会議や出張が多かったことから、トイレに行けない状況に置かれることが多くありました。一度トイレに間に合わずに尿漏れなど嫌な体験をしてしまうと、そのことがトラウマのようになり、トイレに行けない環境を過剰に不安に感じるようになってしまうのです。

会議や出張では、常に「トイレに行きたくならないだろうか」と心配になっていました。仕事中にいつもそんな心配ばかりしていては、仕事が捗らないため、ハルンケアを服用するようにしていました。薬の成分自体は効いているのか分かりませんでしたが、ストレスによる頻尿だったので、ハルンケアを服用しているとなんとなく安心できて、結果的にトイレが近いのも改善されていました。

「トイレに行けない」と不安に感じ過ぎないことが大事

結局のところ、ハルンケアを服用して「安心感」があれば頻尿が克服されるわけですから、ストレスを感じないことが一番有効な克服方法なのだと思います。

現在は退社して仕事を辞め、専業主婦なので、トイレに行けないような事態に陥ることもありません。そのため、現在は頻尿や尿漏れの心配なく過ごしています。しかし、子供が大きくなって家族旅行などに行くような時には、やはり公共交通機関を利用して旅に出かけることになるため、トイレに行けない環境に置かれてしまうと思います。

とにかく、「トイレに行けない」と不安に思わないようにしたいと考えてはいるのですが、人間はそんなに簡単にストレスを克服はできません。今後も、長時間トイレに行けないような事態になる場合は、予めハルンケアを服用して安心させるようにしようと考えています。

最悪、大人用紙おむつをしようなんて考えたこともありましたが、流石に30代でそれを履くのは悲しくなってしまうので、最終手段にしたいと思っています。