咳やくしゃみでの尿漏れ | 骨盤底筋の衰えによる腹圧性尿失禁の対策

咳やくしゃみでの尿漏れ | 骨盤底筋の衰えによる腹圧性尿失禁の対策

咳やくしゃみでの尿漏れ | 骨盤底筋の衰えによる腹圧性尿失禁の対策

排尿は、毎日身体から毒素を排出してくれている無くてはならない大切な機能です。けれども、そんなおしっこも自分の意に反して勝手に漏れてしまうと、トラブルになってしまいます。仕事先や外出先で尿漏れに悩んでいる人は多く、一歩間違えると社会生活や人間関係に支障をきたしてしまいます。

特に女性は尿漏れを起こしやすいということをご存じですか?今回は、女性に多い咳やくしゃみでおしっこが漏れる「腹圧性尿失禁」について紹介します。

女性に多い咳やくしゃみの時の腹圧性尿失禁

女性は腹圧性失禁を起こしやすい

ほとんどの高齢の女性は、咳やくしゃみをした拍子に、チョロっと尿が漏れてしまう経験をしたことがあるはずです。

それほど女性は様々な要因で尿漏れしやすいのです。なぜかといえば、女性は男性と較べて尿道がとても短く3〜4㎝しかありません。そして、まっすぐ下を向いており、その尿道を閉めるのは骨盤底筋という筋肉しかありません。

そのため、なんらかの原因で骨盤底筋が弱くなると尿道を閉めておく力が弱まってしまうので、咳やくしゃみなどのちょっとした刺激でおしっこが漏れてしまうのです。

女性に多い咳やくしゃみの時の尿漏れ

さらに、女性は妊娠・出産の時に腹圧性尿失禁になりやすくなります。妊娠中期以降、子宮が大きくなるにつれて膀胱が圧迫され、また、出産をするために骨盤底筋群や腰回りの関節がゆるくなることで、尿漏れしやすくなります。

出産後に子宮が収縮すると、妊娠後期の尿漏れはほとんど治ります。けれども、出産を経て尿道を閉める骨盤底筋群や靱帯に損傷が残ってしまった場合、出産後1年以上たっても尿漏れが残ることがあります。

また、40代後半の更年期からは、女性ホルモンの減少や骨盤底筋群の筋力の衰えから、再び尿漏れのトラブルで悩む人が多くなります。

腹圧性尿失禁の主な原因は、骨盤底筋の衰えです。それに加えて、膀胱炎や肥満、認知症など、様々な要因が合わさるため、尿漏れの頻度や量は千差万別です。

男性の腹圧性尿失禁

圧倒的に女性に多い腹圧性尿失禁ですが、男性に全く見られないわけではありません。

男性の腹圧性尿失禁は、前立腺の手術後に起こることが知られています。今まで前立腺肥大で締め付けられていた尿道が急に緩んで尿が出やすくなるためです。

骨盤底筋トレーニング

腹圧性尿失禁の大きな原因は、骨盤底筋群と骨盤底靱帯の損傷や弱まりにあることが明らかです。骨盤底筋トレーニングは、この骨盤底筋を動かし、鍛える体操です。

やり方は、簡単です。肛門と膣を「絞める→緩める」を繰り返すだけです。テレビを見ている時や、電車を待つ間など、ちょっとした空き時間でもできます。これを1日10回、毎日繰り返していれば、高齢になっても快適な排泄を自力で行える可能性が大きく高まります。

咳やくしゃみの時の尿漏れ対策に骨盤底筋トレーニング

一般的に、加齢とともに骨盤底筋は弱くなっていきます。特に、もともと骨盤底が弱い体質の女性は、妊娠・出産をすると通常以上に骨盤底の靱帯や筋膜が損傷を受けるため、尿失禁が起こりやすくります。このような人は、若い頃から骨盤底筋を鍛えると、尿失禁のリスクを低く抑えることができるでしょう。

骨盤底筋トレーニングによって、骨盤内の血流が良くなるので、下腹部痛が軽くなったり、痔や便秘も改善されることがあります。このトレーニングは、尿トラブルだけではなく健康維持に大変良いので、ぜひ実行してみましょう。