高齢者の頻尿・尿失禁 | 老人に多い排尿障害の症状と原因となる病気

高齢者の頻尿・尿失禁 | 老人に多い排尿障害の症状と原因となる病気

高齢者の頻尿・尿失禁 | 老人に多い排尿障害の症状と原因となる病気

高齢になると、体のあちこちが衰えてきます。それまで普通にできたおしっこにも衰えは現れ、排尿障害といわれます。

排尿障害にはいくつか種類ありますが、中でも老人に多く見られる症状は、頻尿尿失禁です。ここでは、高齢者に多い排尿障害の症状や原因となる病気についてまとめます。

頻尿と尿失禁

老人に特に多くみられる排尿障害は、以下のような症状です。

頻尿

トイレが近くなり、行ったばかりなのにすぐに尿意を感じてしまう症状が「頻尿」です。個人差はありますが、朝起きてから夜寝るまで8回以上トイレに通うことを「頻尿」、夜寝ている間に1〜2回以上トイレに起きることを「夜間頻尿」といいます。

高齢者に多い頻尿と尿失禁の症状

頻尿の症状が強くなって、一時間に一度トイレに行くような状態になると、仕事や交際にも支障が出てきてしまいます。また、夜間頻尿によって夜中に何度も起きると、睡眠の質が低下し、慢性的な疲労感によって日常生活に悪影響を及ぼします。

尿失禁(尿漏れ)

尿失禁」とは、つまりお漏らしです。尿を出したり我慢したりというコントロールが上手くいかなくなって、自分の意志に反して尿が漏れてしまう症状です。

頻度や量には幅がありますが、尿失禁を起こすようになると、いつ漏らしてしまうか分からない不安や、臭いで周囲に気付かれるかもしれないという心配で、社会生活に支障をきたします。

男性ではトイレの直後の尿漏れ(排尿後尿滴下)、女性ではお腹に力を入れた時の尿漏れ(腹圧性尿失禁)が多くみられる症状です。

それでは以下で、頻尿と尿失禁の原因となる疾患についてご説明します。

膀胱炎などの尿路感染症

膀胱炎は、膀胱の粘膜に炎症が起きる病気です。女性に多くみられますが、特に、免疫力が低下している高齢者はかかりやすい疾患です。膀胱炎になると、下腹部の不快感が続き、頻尿の症状が現れます。また、排尿の終わりにズーンという感じの疼痛(排尿痛)があるのが特徴です。

老人に多い頻尿・尿失禁の症状と原因となる病気

症状が軽度な場合は、水分を多く摂って膀胱内の細菌を流すことで治ることもありますが、慢性化しないよう、早めに抗生剤の服用で治すようにしましょう。男性の場合は、膀胱炎よりも尿道炎の方が多くみられます。膀胱炎と同様、排尿痛が特徴となります。

前立腺肥大症

前立腺肥大症は男性特有の疾患です。前立腺は、尿道の付け根を取り囲むようについている器官なので、肥大すると尿道を圧迫し尿がスムーズに出にくくなります。前立腺肥大は60代では半数以上が発症するとされ、高齢になればなるほど多くの人に起こります。高齢男性の排尿障害の代名詞ともいえる病気です。

前述のように、前立腺が肥大すると尿が出にくくなるため、「おしっこに時間がかかる」「キレが悪い」という症状から始まり、次第にトイレが近い頻尿、夜間頻尿、残尿感といった症状が現れます。

悪化すると、尿が溜まっているのに出すことができない「尿閉」や、膀胱に溜まった尿が溢れて漏れる「溢流性尿失禁」という症状になっていきます。

泌尿器科には何種類もの薬があり、多くの場合、服薬で症状が緩和されます。また、食生活の見直しで改善できる場合もあります。

前立腺肥大による尿漏れと「男性用サプリメント」

骨盤底筋の衰えによる腹圧性尿失禁

女性の高齢者に多くみられるのが、腹圧性尿失禁です。咳やくしゃみをしたり、重い物を持ち上げたりする時、お腹に力が入ると尿が漏れてしまう症状です。

高齢者の女性に多い頻尿・尿失禁の症状と原因

女性は尿道が短いため、もともと尿失禁が起きやすい体の構造をしていますが、加齢によって排尿をコントロールしている骨盤底筋が衰えると、さらに漏れやすくなってしまいます。

市販の尿漏れパッドでしのぐことも可能ですが、同時に、骨盤底筋運動を行ったり、医師に相談するなど、根本的な治療にも取り組むことが大切です。

女性の尿漏れの原因と「女性用サプリメント」

多尿による頻尿

高齢者に多い糖尿病、腎臓病、心不全等の病気の初期症状として、頻尿・夜間頻尿がみられる場合があります。

糖尿病や腎臓病の場合は、やたらと喉が渇いて水分を多く摂るようになり、多尿による頻尿の症状が現れます。また、心不全の場合、昼間の排尿は問題ありませんが、夜間に頻尿の症状が出ることがあるので、「夜のみの頻尿」には注意しましょう。

健やかなシルバーライフのために

今回は、老人に多くみられる排尿障害の症状と、その原因となる病気についてご紹介しました。

日本人の平均寿命は80才以上になり、長生きする人が増えてきました。けれども、いくら長生きしても、排尿障害があると外出や人付き合いに支障が出て、生活の質も下がってしまいます。

治療によって改善できるケースも多くありますので、「高齢だから仕方ない」と諦めず、適切な対策に取り組むようにしましょう。