【尿失禁の悩みで人付き合いが億劫に】原因は生まれつきの体質?


【尿失禁の悩みで人付き合いが億劫に】原因は生まれつきの体質

【尿失禁の悩みで人付き合いが億劫に】原因は生まれつきの体質?

 Y.Yさん(女性)、30代、主婦 

なかなか理解してもらえない…尿失禁の恐さと辛さ

わたしはトイレを我慢している時に、激しく笑ったり咳やくしゃみをすると尿漏れしてしまうのが悩みです。友達や知り合いと楽しく食事やお茶をしている時にも、つい尿失禁やトイレのことが気になってしまいます。そうなると話の内容が頭に入ってこなかったり、心から楽しんだり笑ったりできなくなってしまいます。

特に辛いと感じるのは、同席している人が「ちょっとお手洗いに…」と席を立った時に、自分がトイレを我慢していても座って待っていなくてはいけないことです。尿失禁の経験がない人には理解しにくいかもしれませんが、「もし粗相をしてしまったら…」「トイレが間に合わなかったら…」と、常に不安が付きまとうのは大変なストレスでとても苦しいことなのです。また、常に水分を摂る量を控えなくてはいけないのも辛いところです。

尿失禁の原因は…生まれつきの体質的なもの?

尿失禁で悩み、苦しんでいるものの、病院に行くのが恥ずかしいため医師による診断や治療は受けていません。ただ、私は昔からお漏らしなどが非常に多い方でした。

自分では憶えていませんが、幼い頃からオムツがとれるのが遅かったり、幼稚園の時にトイレに間に合わず漏らしてしまうことが他の子より多いという指摘を受け、親も苦労したそうです。また、物心ついてからもトイレがやたら近かったり、中高校生の時には既に現在の様な悩みがあったので、生まれつきの体質みたいなものかな?と自己判断しています。

よく妊娠出産後に尿失禁の症状がでると見聞きしますが、わたし自身は帝王切開での出産だったので、特に悪化するなどという変化は感じていません。ただ、加齢によってこれから尿失禁の症状がどんどん悪化したらどうしよう…どうなってしまうんだろう…という不安はあります。

自己嫌悪で人付き合いが億劫になってしまいました…

尿失禁というのは、失禁しそうになった時やうっかり失禁してしまった時にとても困りますし、相当ショックなものです。わたし自身深刻に悩んで、一時は友人付き合いがめっきり減ってしまったことがありました。PTAやママ友の集まりなどにも参加するのが億劫で、友人から誘いを受けたり、こどもが学校からお知らせをもらってきたり、ママ友から声をかけられても、なんだかんだ理由をつけて片っぱしから断っていました。

当時は尿失禁が怖いというよりも、尿失禁してしまう自分が恥ずかしく情けないという自己嫌悪感でいっぱいで、自信が持てず、何事も楽しめなかったのです。

そのかわり、一人でできる運動やストレッチ(これは尿失禁対策というより体型維持や健康管理のために始めたことですが)に励んだり、一人でふらっと参加できる教室やイベントに参加するようになりました。

運動やストレッチで尿失禁が少しづつ軽減!

たまたま参加したヨガを取りいれた体操の教室で、インナーマッスルを鍛える体操を教えてもらいました。ウォーキングやストレッチと併せて毎日するようになってから、なんとなくですがトイレを長く我慢できるようになったり、尿意をコントロールできるようになったような気がしています。

それと同時に、教室やイベントで出会った友達もできたことで交友の場が増え、積極的かつ活動的になってきました。友人との付き合いも復活したり、PTAなどの場にも構えず参加できるようになりました。

水分を過剰に摂りすぎないようにし、神経質にならない程度にこまめにトイレに行き、面白い友人やママ友と会う時は大笑いすることに備えて「尿漏れパッド」をしていくといった対策もしています。尿失禁でお悩みの方には「筋力を鍛える+万が一に備えて対策する」を併せて行うことをおすすめします。