ノコギリヤシの前立腺肥大症への効果 | 中高年男性の尿漏れ対策

ノコギリヤシの前立腺肥大症への効果 | 中高年男性の尿漏れ対策

ノコギリヤシの前立腺肥大症への効果 | 中高年男性の尿漏れ対策

「ノコギリヤシ」という植物の成分が、中高年男性の尿漏れ対策に効果が高いということで注目を集めています。これは、男性特有の病気である「前立腺肥大症」の改善に有効とされているためです。

今回は、ノコギリヤシ前立腺肥大症への効果についてご紹介します。

ノコギリヤシとは

北アメリカ大陸の先住民(ネイティブアメリカン)が、古くから暮らしに欠かせないものとして重宝してきた植物、それがノコギリヤシです。

ヤシ科の低木で、葉がノコギリのような形をしていることからノコギリヤシという名前がつきました。ネイティブアメリカン達は、ノコギリヤシの実や葉を食用にし、実を絞って油を取り、幹や殻も余すところなく使っていました。さらに、乾燥した実は、男性の利尿剤・強壮剤として使われていたそうです。

中高年男性の前立腺肥大症対策とノコギリヤシ

200年ほど前に、ネイティブアメリカンを研究していた学者が、ネイティブアメリカンの男性に禿げと前立腺肥大症が極端に少ないことを発見し、ノコギリヤシに着目しました。

研究の結果、ノコギリヤシには脱毛を抑制する効果や、前立腺肥大症の原因物質を抑制する効果があることが分かりました。それ以来、欧米で医薬品やサプリメントに応用されてきたのです。

男性の前立腺肥大症

60代男性の半数以上にみられる前立腺肥大症は、男性特有の器官である前立腺が肥大することで膀胱や尿道を圧迫し、頻尿尿漏れといった排尿トラブルの原因になる疾患です。

前立腺が肥大すると、尿道が圧迫されて尿が出にくくなります。尿が出にくくなると、おしっこが出てくるまでに時間がかかり、出てきても勢いがなくチョロチョロと細い尿になります。そして、膀胱や尿道の中に尿が残ったまま尿が止まってしまうため、トイレの後に少量の尿が漏れる「排尿後尿滴下(チョイ漏れ)」の症状が現れます。

ノコギリヤシの男性の前立腺肥大症への効果

チョイ漏れのほとんどが、前立腺肥大症が原因で起きるといわれています。チョイ漏れは、排尿の後で牛の乳搾りのように根本から陰茎を絞る“ミルキング”という対策でかなり軽減できますが、原因となっている前立腺肥大症を改善し、根本的な解消を図ることが大切です。

ノコギリヤシの効果と副作用

前立腺肥大症の原因として、年齢と共にテストステロンという男性ホルモンの一種が急速に減少し、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが増えることが挙げられています。それは、40代後半から50代にかけて急激に現れてくるため、前立腺肥大症は「男性の更年期症状」ともいわれます。ノコギリヤシは、そのDHTの生成を抑制する効果があり、前立腺肥大症の抑制効果があるとされているのです。

病院にかかるほど困っておらず、尿漏れ対策として副作用の少ないサプリメントを選ぶのでしたら、ノコギリヤシエキスが配合された製品がお勧めです。

ノコギリヤシは安全性の高いハーブと考えられていますが、体質的に合わない・過剰摂取などの原因で、嘔吐や頭痛などの副作用を起こす場合もあるため、パッケージにある用法をきちんと守って摂取するようにしましょう。