妊娠中からくしゃみで尿モレするように… | 出産後も続く不安と対策


妊娠中からくしゃみで尿モレするように | 出産後も続く不安と対策

妊娠中からくしゃみで尿モレするように… | 出産後も続く不安と対策

 N.Kさん(女性)、30代、専業主婦 

初めての尿モレは妊娠中でした

初めての尿モレは妊娠中に起こりました。数年前のことですが、自分の中でかなりショッキングだったので、今でもあの時のことは鮮明に覚えています。

当時、私は出産を目前にし、実家に帰っていました。そして、家族とショッピングセンターへ出かけた時に、何の気なしにしたくしゃみ…その瞬間に下腹部に力が入り、じわっと温かい感触が…。「マズイ!」と思った私はトイレに駆け込みました。トイレで確認すると明らかに尿モレです。妊娠中尿モレすることはあると知ってはいましたが、まさか自分がなるなんて…といった感じでした。

「そこまで尿意は感じてなかったのに漏れてしまった」という事実に、ものすごくショックを受けました。その時から、くしゃみをすることが怖くなってしまいましたが、この尿モレは「妊娠中だからこそ」で、出産後はすぐに治るだろうとも考えていました。

二度目の尿モレ

二度目の尿モレは、分娩後、初めてトイレに行った時のことでした。まぁ、会陰切開もしましたし、麻酔もしていましたし…そのせいもあると思うのですが、自分にとっては結構衝撃でした。

出産を終え、入院する部屋に行き、尿意を感じたのでトイレに向かいました。会陰切開の傷がジンジン痛み、「痛いなぁ」と思いながらショーツを脱ぐとなぜかそのまま尿が出てきたのです。「え!?」と焦った私はそのまま急いで便座に座り、用を足しました。

「出産後だから仕方ないか」と思う気持ちと、「今、力も入れていないのに何で出たの!?」という気持ちが入り混じり、出産後の幸せをただ噛み締めるわけにもいかず、何とも言えない気持ちになりました。力を入れたわけでもないのに出たということは、自分にとって脅威でした。「今後も、気付かないうちに漏らしてしまうかもしれない…」と怖くなってしまったのです。

出産後も続く尿モレ

今の私は39歳、出産は36歳終わり頃のこと。はるくんという元気な二歳児の母です。子どもが出産時に4kgちょっとあったため、子どもはかなり大きめでした。もしかしたら尿モレはそのせいもあったかもしれません。

産後の尿モレはふとした時に訪れました。やっぱり私の場合原因は「くしゃみ」にあるようで、くしゃみをした瞬間にほんの少し漏らしてしまいました。

そこから数年で数回、同じことを繰り返してしまっています。まだ30代なのに・・・今後のことを考えると少し怖くなってしまいます。尿意を感じたらできるだけ早めにトイレに行くようにしているのですが、子どもと一緒だとなかなかうまくいかない部分もあって、難しいのです。だから、自分自身の身体の方をなんとかしないとダメなんだろうな、と最近は思いはじめています。

尿モレ対策、今後の課題

実はうちの母も、高齢になってから子宮脱になってしまい尿モレを経験しました。若い頃に出産し、三人の子を産んだ母…その後、尿モレの経験がなかったのに、今現在は尿モレに悩まされています。

このままでは私も確実に尿モレが悪化…もしくは子宮脱になりそうな気がします。心配になり色々調べたところ、尿モレ対策するにあたっては、骨盤底筋を鍛えるのが大事なんだということが分かりました。それからは時間を見つけて、骨盤底筋体操をするようにしています。つい先日も少量漏らしてしまったので、まだ効果は実感できていませんが…。

継続は力なりだと思うので、今後もトレーニングを続けていきたいと思っています。年を取ってから後悔したくないですからね。今後の尿モレに対してはまだまだ不安がいっぱいですが…自分で出来ることは取り組んで対策していきたいと考えています。