町内会の大縄跳び中に尿漏れ | 出産後の骨盤底筋の緩みの悩み

町内会の大縄跳び中に尿漏れ | 出産後の骨盤底筋の緩みの悩み

町内会の大縄跳び中に尿漏れ | 出産後の骨盤底筋の緩みの悩み

 Y.Uさん(女性)、30代、主婦 

出産後から尿漏れが治らない

私は20代前半で出産し、それ以降尿漏れに悩んでいます。妊娠中からそうだったのですが、咳やくしゃみをした時などに少し尿が漏れてしまいます。出産後、半年もすれば治るものだと思い込んでいましたが、いまだに治っていません。

最初は尿漏れを不快に感じつつも、日常生活ではそれほど困っていませんでした。なぜなら、家で子育てしている分には他人ともあまり会いませんし、尿漏れがあってもすぐにトイレに駆け込むことができるからです。また、人にはなかなか相談しにくいというのもあり、特に対策をすることもなくそもまま放置していました。

子供の運動会でまさかの尿漏れ

そんな私が、尿漏れで一番困った経験があります。それは、子供の町民運動会で大縄跳びをした時のことでした…。

みんなの前で大縄跳びをしている最中、2回、3回とジャンプをするたびにどんどん尿漏れをしていることに気がついたのです。ものすごく焦りましたが、大縄跳びをやめるわけにはいかず、お腹に力を入れて我慢しながら飛び続けました。

終わる頃にはパンツどころかズボンまでがビショビショに濡れていることに気付き、大慌てでトイレに駆け込みました。涙目でパンツを拭いたり処理をしましたが、何より心配なのは、見ている人たちに尿漏れが気付かれていなかったかどうかです…。

一応、その時の尿漏れについて、直接誰かに指摘をされることはありませんでした。気付かないふりをしてくれていただけかもしれませんが、その時は長い上着を羽織っていたので、もしかしたら上手く隠せていたのかもしれません。とにかく、グラウンドに戻る時は恥ずかしくて死にそうでした…。

尿漏れ・頻尿で将来が不安

それをきっかけに「尿漏れを治さないとやばい!」と本気で焦るようになりました。何より問題なのは、外出中にふとしたきっかけで失敗し、他人に気付かれる可能性があるためです。咳・くしゃみ・大笑いをした時、重いものを持った時、お腹に力を入れた時など、いちいち尿漏れを恐れなくてはいけないので、外出が怖くなってしまいます。それに、きっかけとなった大縄跳びは毎年必ずありますし、その後も数年は参加しなければいけないのです。

また、妊娠時から尿漏れを気にし過ぎているせいか、すぐに尿意を感じるようになってしまっています。トイレに頻繁に行くようになったため、外出時は近くにトイレがないと心配です。このまま尿漏れや頻尿が続き、さらに歳をとっていくとどうなってしまうのか、不安で仕方がありません。