急な尿意でトイレが我慢できない!会社での尿漏れの辛い経験


急な尿意でトイレが我慢できない!会社での尿漏れの辛い経験

急な尿意でトイレが我慢できない!会社での尿漏れの辛い経験

 A.Mさん(女性)、50代、会社員 

急な尿意でトイレまで我慢できない

私が初めて尿漏れの兆候に気が付いたのは、50歳になった頃です。冬の寒い時期に、2時間おきくらいにトイレに行きたくなるようになりました。周りの人に変に思われるのが嫌で、少し我慢していたら、席を立った瞬間に「もう我慢できない!」というくらいの尿意に襲われました。トイレの便座に腰かける前に我慢ができなくて、何回も失敗して下着を汚してしまいました。

トイレが急に我慢できなくなったので、膀胱炎や他の病気かと思って病院で診断してもらいましたが、病気ではなく「加齢による体調の変化」ではないかと診断されました。会社では、恥ずかしかったのですが、こまめにトイレに行くようになりました。

寒い時期はずっと辛い状態

初めて尿漏れの体験をしてからは、寒い季節の5ヵ月間位、ずっと、トイレが近い状態でした。水分量を多めに摂っていたわけではありませんが、トイレに行く事が頭から離れず、仕事も集中して出来なくなってしまいました。会社でもミスが多くなり「これはマズイ」と思いました。冬の間中、本当に精神的にも辛くて、恥ずかしい思いをしたことが印象に残っています。

仕事後に自宅に帰る前には、必ず会社のトイレに寄るようにしていました。しかし、約1時間の通勤後、自宅のドアのカギを開けている間に、我慢できなくてかなりの量を漏らしてしまった事が何回かあって、本当に困りました。病院での診断では病気ではないとのことだったので、誰にも相談できなくて辛かったです。

私の尿漏れの原因

お酒は好きな方でしたので、毎晩焼酎のウーロン割を4杯くらい飲んでいました。しかし、夜は1回位しかトイレに起きる事がなく、夜中に行くトイレでの失敗は、ありませんでしたので、私の場合お酒による尿漏れではなかったと思います。

主に日中の失敗ばかりでしたので、「気持ちの問題」だったのではないかと感じています。思えば、「失敗しては恥ずかしい」と思えば思うほど、頻繁にトイレに行って、そのたびに失敗していました。また、寒い時期に尿漏れが始まったこともあり、体の冷えも大きく関係しているのではないかと思います。

会社に行く時には下着の替えを持参して、生理用パットは必ず毎日あてていました。自分でも突然このような症状が現われて、治す方法が分からなくてとても辛かったです。水分をできるだけ飲まないようにして、冷たい物は一切摂らなくなりました。

辛い状態からは解放されたものの…

結局、尿漏れの原因ははっきり判らなかったのですが、暖かくなってきた5月の下旬頃から、自然にトイレに行く回数も少なくなり、我慢できない状態から解放されました。今まで、長くて辛い冬を乗り越えてやっと快方に向かったような気がしました。

けれども、次の冬にもまた同じようなことになってしまったら困ると思って、自分に出来る事を少しずつ始めてみました。例えば、15分位のウォーキングで体調を整えたり、アイスや冷たい飲み物は極力控えるようにしたり、夏でもゆっくりと湯船につかって新陳代謝を良くして、体調管理を行うようにしてみました。また、ストレスをためないように睡眠を十分にとって、リラックスして過ごすように心がけています。