【不意のくしゃみで尿漏れ…】私が困っていることと対処法

【不意のくしゃみで尿漏れ…】私が困っていることと対処法

【不意のくしゃみで尿漏れ…】私が困っていることと対処法

 K.Kさん(女性)、50代、主婦 

不意にくしゃみをしただけで起きる尿漏れ

私は40代後半から尿漏れが起こる様になりました。普段リラックスしている時に一番多いのですが、何気なくくしゃみをすると少量の尿が漏れてしまうのです。その後あわてて下腹を引き締めて、トイレに駆け込むのですが、だからといって漏れそうな程の尿が出るという訳ではなく、ほんの少量で終わってしまいます。

トイレに行きたい時ではなく、自分で全く自覚がない時に不意に起こるので、確実な対処法もなく困っています。特に、暖かい場所にいると気が緩んで尿漏れをしてしまうことが多く、冬場に暖房の効いた場所に長時間いる時には、時々自分の下腹を押して尿意を確認したりと、かなり気を遣っています。

学校の保護者会で困ったことも

普段の生活では「マズイ」と思ったらすぐにトイレに駆け込めば良いだけです。スーパーや映画館、駅等では自分で自由にトイレに行くことができるので、さほど深刻な問題ではありません。

しかし、尿漏れで一番困ってしまうのが、「立ち上がれない状態でいる時」です。特に学校の保護者会では子供が座っている席に座ると決められているので、トイレ近くの場所を確保できません。「コ」の字型で窓際の席に座らされてしまうと途中で抜け出す訳にもいかず、PTAの役員決めなどで話が長引いてしまうと一気に不安になります。

また、飛行機など隣の人の前を通らなければならない場合にも、尿漏れが起きてからでは「ニオイ」がするのではないかという不安もあります。

尿漏れは誰にでもありえること

色々と調べた結果、私の尿漏れの原因は特に病気ではなく、加齢によるものだと思っています。50代を過ぎたら誰にでも当てはまることで、特に治療をする程のことでもないようです。

女性は加齢により尿管付近の筋肉が弱くなってくるもので、くしゃみをすることで衝撃が加わり、漏れてしまうことがあります。特にお酒を飲み過ぎた後には全身の筋肉が弛緩するので、ちょっとした動作でも尿漏れが起こり易くなるのです。

心配なのは、今後どんどん悪化して、そのうち完全な「お漏らし」になってしまうことです。これから先、歳をとった時に安心して外出する為にも、軽い尿漏れで済むうちに対処法を考えておく必要があると思っています。

尿漏れ対処法として試みていること

最近では病院での尿漏れの外来治療もあります。しかし、できれば病院や薬の世話にはなりたくないものです。一つの症状を改善させようと思って飲んだ薬で副作用が起きないとも限りません。

市販のサプリメントで尿漏れを改善する商品も販売される様になりました。これ以上悪化したらまずサプリに頼るとして、現在では以下の方法を試みています。

まずは「尿漏れパッド」です。これはいざという時に一定量の尿漏れをカバーしてくれるもので、長時間トイレに行けない時に利用しています。また、外出前には水分は取らず、夏でもなるべく常温の飲み物を飲む様にしています。それと、外出時にくしゃみをする時には最初から下腹に力を入れて、漏れないように注意します。

尿漏れを気にし過ぎて膀胱にばかり意識がいくと、頻尿の原因になることもあるそうです。そのため、尿漏れは生理現象の一つとして受け入れ、いちいちショックを受けないように心掛けています。