更年期の排尿障害 | 女性の尿漏れ・尿失禁の原因と対策

更年期の排尿障害 | 女性の尿漏れ・尿失禁の原因と対策

更年期の排尿障害 | 女性の尿漏れ・尿失禁の原因と対策

40代の初め頃から女性の卵巣機能はゆっくりと衰えていき、40代後半から50代前半にかけて月経がなくなっていきます。月経がなくなる閉経の前後10年間ほどを更年期といい、女性ホルモンの急激な減少により、身体的・精神的に様々な不調が現れます。

中でも、更年期以降の女性は3人に1人が尿漏れ・尿失禁といった排尿障害を経験するといわれています。

今回は、更年期の女性に多くみられる排尿障害の原因と対策についてまとめます。

骨盤底筋の緩みによる腹圧性尿失禁

更年期を迎えた中年の女性に特に多い排尿障害が、尿漏れ・尿失禁です。そのきっかけは、くしゃみや咳をしたり、重い物を持ち上げようとした時で、お腹に力を入れると尿道口が緩んで尿が漏れてしまいます。このような尿漏れ・尿失禁を「腹圧性尿失禁」といいます。

更年期の女性の腹圧性尿失禁

更年期になり女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、女性の体は変化します。泌尿器では、尿道の粘膜が少なくなり、膀胱や尿道口の弾力が失われていくため、尿漏れや尿失禁を起こしやすくなります。

また、加齢と運動不足で骨盤底筋が衰えて緩んでくるため、膀胱や尿道を支える力が低下します。特に、出産を経験したことのある女性は、出産時に骨盤底筋に大きな負担がかかっているため、緩みやすくなっています。

骨盤底筋の緩みが著しい場合には、子宮や膀胱、直腸が支えられなくなって膣から出てしまう「骨盤臓器脱」という疾患になってしまうこともあります。

その他の更年期の排尿障害

更年期には、子宮筋腫子宮がんなどの病気にもかかりやすくなります。これらの病気が原因で、子宮が腫れて膀胱を圧迫したり、子宮の周りが炎症を起こすために膀胱が刺激され、頻尿尿漏れの症状が現れます。

また、更年期には自律神経のバランスが乱れやすいことから、自律神経失調症が原因での夜間頻尿や尿漏れ・尿失禁が起こることもあります。

更年期の女性の排尿障害の原因

骨盤底筋体操

女性に多い腹圧性尿失禁の対策としては、「骨盤底筋体操」が効果的です。骨盤底筋体操は、膣や肛門を意識的に閉めたり緩めたりする体操で、特別な準備をすることもなく、ちょっとした空き時間に行うことができます。

骨盤底筋運動による尿漏れ予防トレーニング | 手軽にできる対策方法
骨盤底筋運動による尿漏れ予防トレーニング | 手軽にできる対策方法
骨盤底筋運動による尿漏れ予防トレーニング | 手軽にできる対策方法 咳やくしゃみをした拍子におしっこが漏れてしまった。 重い...

改善がみられるまでの間は、薄型の尿漏れパッドを使用すると、衣服への染みや尿の臭いを抑えることができて安心です。また、サプリメントを試してみるのも良いでしょう。

更年期を乗り切るために

今回は、更年期の女性に多くみられる排尿障害の原因と対策についてご紹介しました。

40〜50代になると、子供が独り立ちして、子育ても一段落。友人とランチや旅行に行ける機会も増えてきます。けれども、尿漏れ・尿失禁があると、外出が不安に感じ、友人付き合いまで疎遠になってしまいかねません。

尿漏れ・尿失禁は、正しい対策を講じれば多くの場合で改善がみられます。40才を過ぎた頃からは、特に排尿障害がなくても骨盤底筋体操を習慣化する等して、更年期の排尿トラブルの防止に取り組んでいきましょう。