【仕事中に頻尿で尿漏れが心配…】冷えによる頻尿の対策

【仕事中に頻尿で尿漏れが心配】冷えによる頻尿の対策

【仕事中に頻尿で尿漏れが心配…】冷えによる頻尿の対策

 S.Kさん(女性)、40代、訪問介護 

頻尿で仕事中の尿漏れが心配

私は現在、訪問介護の仕事をしております。頻尿体質のため、仕事柄、尿や便など排せつに関わることは、利用者さんの事も自分自身のことも憂鬱です。一日に5、6件のお宅を車で移動して廻っていくわけですが、トイレタイムを上手に取らないと、頻尿がちな私は尿意に耐えられません。いつか尿漏れをしてしまうのではないかと、ヒヤヒヤしています。

原則として、利用者宅のトイレを借りたりしてはいけないことになっています。これは、全国的にこの業界全体の暗黙のルールになっていると思います。夏場は、汗になって出るので大丈夫なのですが、冬場は「冷え」が原因なので、本当に困りものです。水分摂取を控えるとか、膀胱の上に小さなカイロを貼るなどして冷えないよう工夫しています。

薬は怖いのでできれば避けたい…

一時期、何年前だったか…、テレビや新聞のコマーシャルで「頻尿について困っていたら、医療機関に相談を」というフレーズが頻繁に流れていました。私は心当たりがあるので興味はありましたが、おそらく「薬」で排尿をコントロールするのだろうと予想がついたので、体の本来の機能に反するような気がして、病院に相談には行っていません。

「薬」で脳の働きを変えてしまうというのは不自然で怖いことだという認識が私にはあります。同じような理由で、ドラッグストアで販売されている頻尿に効くという薬も飲んだことはありません。

頻尿・尿漏れを防ぐための「冷え」対策

私の場合、冷え症体質が頻尿に関わっているので、下半身を温めて過ごすというのが基本です。毛糸のパンツ、ズボン下の重ね履き、レッグウォーマーなどを用います。お腹にカイロを貼るのは、頻回にしていまうと皮膚トラブルが起きることもあるので気を付けます。

そして、生理近くになると頻尿が酷くなるので、時期だなと思ったら「尿漏れ用のパッド」を下着に貼り、精神的に安心して過ごせるようにしています。今は、尿漏れ用のパッドも様々なサイズや種類があるので、自分だけではなく、外出時の「尿漏れ」に悩む利用者さんに「こういうのがあって、私も使っていますよ」とアドバイスして差し上げると、安心した顔をされます。