若いのに尿漏れする原因 | 20代・30代の尿失禁

若いのに尿漏れする原因 | 20代・30代の尿失禁

若いのに尿漏れする原因 | 20代・30代の尿失禁

20代・30代の若者と“尿失禁”とは、無縁のように思われていますが、そうではありません。実は表には出てきませんが、若いのに尿漏れで悩んでいる人が近年増えています。

いったいどんな原因で20代・30代の人達が、若いのに尿漏れをしてしまうのでしょうか?

若い女性の尿漏れ

若い女性の尿漏れで一番多いのが、妊娠・出産の影響で始まる尿漏れです。

女性はもともと尿道が短く尿漏れしやすい体の構造のため、激しい運動や咳やくしゃみなどで、稀に下着を汚したりすることがあっても異常ではありません。

さらに妊娠すると、子宮が大きくなるにつれ膀胱が圧迫されます。また、黄体ホルモンの影響で靱帯や骨盤底筋が柔らかくなってしまうので、非常に尿漏れしやすい状態となり、妊娠後期にはかなり妊婦が尿漏れに悩まされています。

出産後は、子宮が収縮して問題がなくなる方がほとんどですが、妊娠・出産を経る中で靱帯や骨盤底筋群に損傷が残ると、数年に渡って尿漏れが続くこともあります。そのような場合は泌尿器科を受診して治しましょう。

また、後述する「過活動膀胱」による尿漏れも増えてきています。

若いのに尿漏れ・尿失禁をする原因

若い男性の尿漏れ

20代・30代という若い男性に近年増えている尿漏れは、トイレを出た後で尿が漏れてしまう“チョイ漏れ”です。

トイレから出て歩き始めるとジワ〜っと漏れる感じがして下着が汚れたり、おしっこを切ってもなんだか出し切れていないという感じ(残尿感)がするというものです。これは中高年の男性に多く見られる「排尿後尿滴下」という症状です。

この症状は前立腺肥大症が原因のこともありますが、多くは医学的に問題がありません。

男性の尿道は15〜20cmと長いうえに2箇所で曲がっているので、ただでさえ尿がでにくい構造です。そして、陰嚢上部の尿道の付け根にやや広い部分があり、尿を絞り出す括約筋が加齢などで衰えることで、その部分の尿を出し切れなくなります。すると、トイレが終わってからジワ〜っと漏れてしまうのです。

20代・30代が若いのに尿漏れする原因

若くても長時間のデスクワークで運動不足が続いてしまうと、全身の筋力や括約筋が衰えることから、排尿後尿滴下の症状が出てしまいます。

この症状をとりあえず解決するには、おしっこを切る時に振るだけではなく、陰嚢の間を元から先にむかって尿を絞り出すように押すと、尿道の付け根に残っている尿を出すことができます。

もちろん、ウォーキングなどの運動をして括約筋を鍛えることも大切です。

ただし、頻尿があり、尿漏れの回数や量が多い場合などには、前立腺肥大症やその他の病気が疑われますので、泌尿器科の受診をお勧めします。

過活動性膀胱による切迫性尿失禁

男女ともに、20代・30代で増えている尿漏れが「過活動性膀胱」による切迫性尿失禁です。

「激しくトイレに行きたくなり、とても我慢ができない」という症状は、膀胱炎などの細菌感染がある場合によく見られますが、細菌感染がないにも関わらず勝手に膀胱が収縮し、我慢できないくらいの激しい尿意を感じる症状を「過活動性膀胱」と呼んでいます。

膀胱に尿がたまっていなくても強い尿意を感じるので、頻尿になり、トイレに間に合わなくて尿が漏れてしまうこともあります。(切迫性尿失禁)

若い方の「過活動性膀胱」は原因がはっきりしないことが多いため、やっかいな症状です。けれども、さまざまな対策で治ることが多い症状ですので、まずは泌尿器科を受診してみましょう。

専門医の指示に従いましょう

若いのに尿漏れの症状が出てしまうと、ショックも大きく、日常生活にも支障が出かねません。独りで悩むより、泌尿器科を受診して適切な対策を講じるのが、結局は早道です。

泌尿器科は敷居が高いと思われますが、一度受診してみれば、案外多くの人が同じ悩みを持っていることが分かり、来て良かったと思うことでしょう。